ホテルシェレナの歴史や阪神淡路大震災での被害、耐震構造、建物状況調査について

ホテルシェレナ 復興記録―阪神大震災を経て―

ホテルシェレナ

ホテルシェレナ TOP > レーモンド設計事務所について

偉大な設計事務所が生んだホテルシェレナ 


ホテルシェレナは、チェコ生まれの偉大な建築家アントニン・レーモンドによって設立された、「レーモンド設計事務所」が手掛けた建築物です。 この章では、アントニン・レーモンドの偉業と、その志しを継いだレーモンド設計事務所についてご紹介いたします。



アントニン・レーモンドとは

アントニン・レーモンドは、1919年(大正8年)旧帝国ホテル設計監理のため、フランク・ロイド・ライトと共に来日。その後40余年を日本で過ごし、リーダーズ・ダイジェスト東京支店や軽井沢 聖ポール教会、軽井沢 夏の家(現:ペイネ美術館)、東京女子大学、群馬音楽センターなど、邸宅や別荘などを含む400余りの建築物を残しました。
1921年(大正10年)、日本に設計事務所を開設。日本の国際情勢が悪化したため1938年に米国に戻りますが、戦後となる1948年に再来日し、東京事務所を再建しました。これがレーモンド設計事務所の始まりです。
モダニズムの理念に基づく秀作を数多く残し、近代建築の礎を築きました。彼の元からは前川國男、吉村順三、ジョージ・ナカシマなど多くの建築家が育ち、日本建築界に多大なる影響を与えたのです。


レーモンド設計事務所の業績

アントニン・レーモンドによって設立されたレーモンド設計事務所。レーモンドの意志を継ぎ、さらに優れた建築設計を目指すべく日々邁進。様々な教育や文化施設、福祉施設を手掛け、数々の賞を受賞しています。

<業績>

■教育施設
共愛学園中学・高等学校
茨城県立水戸高等養護学校
国際基督教大学図書館
茨城県総合教育研修センター
■福祉施設
特別養護老人ホームシャローム横浜
ユーカリが丘福祉の街
東京都町田福祉園
■医療施設
古川橋病院
老人保健施設「ルネッサンス麻布」
北里研究所メディカルセンター病院
■文化施設
静岡県富士山子供の国
■体育施設
(仮称)東総広域運動場
■事務所ビル
日本システムウェア本社ビル
■リゾート施設
ラフォーレ南紀白浜
■海外施設
在カンボディア日本国大使館事務所・公邸


<受賞>

■日本建築学会作品賞(1952年) リーダース・ダイジェスト日本支社
■日本建築学会作品賞(1965年) 南山大学
■建設業協会賞(BCS賞)(1965年) 南山大学
■建設業協会賞(BCS賞)(1976年) ヂーゼル機器江南配送センター
■公共建築賞(1993年) 静岡県林業センター
■公共建築賞(1996年) 静岡県立富士山麓山の村
■その他 中部建築賞、各県建築賞


参考資料:

・日本経済新聞 2007年9月24日「建築家が東西に架けた橋」
(株)レーモンド設計事務所 Webサイト