ホテルシェレナの歴史や阪神淡路大震災での被害、耐震構造、建物状況調査について

ホテルシェレナ 復興記録―阪神大震災を経て―

ホテルシェレナ

ホテルシェレナ西館 建物状況調査 要綱書

竹中工務店 2007年10月






1.受託業務名称

ホテルシェレナ西館建物状況調査


2.調査目的と位置づけ

   
チェック
備考
発注者 株式会社神成興産
調査目的 1.不動産の売買
 
  2.不動産の証券化
 
  3. その他( )
 
調査項目に関する注意点

調査期間と調査費用の点から、日本で通常行われている「不動産の売買・証券化における建物状況調査」の調査は、概ね「1 次診断レベル」の項目・ 内容となる。
「別添1. 各調査項目の内容」に記載の通り、当社の実施する「建物状況調査」も「1次診断レベル」の項目・内容を基本メニューとしているが、注文者の「 建物状況調査」の目的により、更に詳細な調査が必要な場合がある。
「別添3.診断レベルの概要」を参考に、更に詳細な項目を必要とする場合は、委託者の申し出に基づき、別途協議により対応が可能である。


打合せ年月日 2007年10 月1日
お客様ご担当者 株式会社神成興産
当社担当者 株式会社竹中工務店 大阪本店

3.調査対象物件

  名称 所在地 建物種別 構造 階数
延床面積
竣工年
1 ホテルシェレナ西館 神戸市中央区元町通6丁目40番地 ホテル SRC B1 F12
7,745m2
1987 年
2         B F
m2
3         B F
m2
4         B F
m2

4.調査項目

再調達価格の算定

調査項目 実施 備考
1 立地状況・建物概要調査  
2 建物劣化診断調査  
  建物内立入調査  
  調査範囲 共用部  
      専用部  
      その他    
  修繕・更新準備費用の算定 フルスペック(詳細内訳:建築設備各部位) 12 年
    簡易(大項目内訳:建築・電気・衛生・空調) 年
3

再調達価格の算定

 
4 建物諸状況(遵法性等)調査  
5 建物耐震性調査  
6 地震による予想最大損失率(PML)算定  
7 地震による営業中断期間(BI)算定    
8 ポートフォリオPMLの算定    
9 建物有害物質調査  
10 土壌環境調査 フェーズ1のうち地歴調査とする
11 建物耐用年数の検討