ホテルシェレナの歴史や阪神淡路大震災での被害、耐震構造、建物状況調査について

ホテルシェレナ 復興記録―阪神大震災を経て―

ホテルシェレナ

ホテルシェレナ TOP > 第1章 総 括> 2.目的・範囲・当社資格要件および免責事項

第1章 総 括






2 目的・範囲・当社資格要件および免責事項

2.1 目 的

本報告書は、株式会社 神成興産(以下発注者という)より委託され、対象物件のデュー・ディリジェンス業務の内、物的調査並びに環境調査に関する建物状況調査報告書として作成した。

2.2 業務範囲

受領した各種書類・現地巡回調査・施設管理者へのインタビュー・現地建物に管理されている各種書類、および竹中工務店が所有する資料等に基づき、以下の調査診断を行った。

2.3 調査期間


2.4 調査および診断担当者資格

建物状況調査を担当した主な技術者、資格は以下の通りであり、本物件の診断を行う資格条件を充分に満たしている。

建築担当
:1級建築士、認定ファシリティマネージャー
:1級建築士、1級建築施工管理技士
設備担当
:建築設備士、建築設備診断技術者
耐震性能診断
:1級建築士
再調達価格算定
:1 級建築士

2.5 連絡先

大阪府大阪市中央区本町4丁目1番13号
株式会社 竹中工務店 大阪本店 FM部

2.6 免責事項

受託者 株式会社 竹中工務店(以下、竹中という)は、以下の事項から、または関連して生じた損害について、発注者または第三者に対して如何なる責任も負わない。

(a)要綱書で、竹中が調査項目と定めた以外の事項により明らかになる事項。
(b)要綱書で、竹中が定めた調査方法以外の方法によって判明する事項。
(c)要綱書に基づき発注者からの提供資料その他本業務を遂行するにあたり発注者から提供される資料、情報等が誤っていた場合に、これらの資料や情報等を前提としてなされた竹中の判断。
(d)竹中が提供した報告書その他の資料に基づき、発注者、その他の第三者がなした判断。
(e)竹中が提供した報告書の一部を取り出して、発注者、その他の第三者がなした判断等。
(f)本契約が解約される場合、そのときまでに竹中から発注者に引渡された書類等が存在するときは同書類等の記載事項、および同書類等を発注者その他の第三者が利用することに関連して生じた事項。