ホテルシェレナの歴史や阪神淡路大震災での被害、耐震構造、建物状況調査について

ホテルシェレナ 復興記録―阪神大震災を経て―

ホテルシェレナ

ホテルシェレナ TOP > 第4章 地震による予想最大損失> 資料2 建築物の耐震安全性について

第4章 地震による予想最大損失





資料2 建築物の耐震安全性について


1.耐震設計法の動向

建築物の耐震設計法は既往の幾つかの大地震における教訓や被害原因に対する研究を踏まえて年々レベルアップが図られ、今日の耐震設計法が確立されている。この耐震設計法の変遷の過程を表-1に示す。
建築基準法が制定されたのは福井地震の翌々年となる1950年で、これ以後、1970年の鋼構造設計規準の改定、1971年の鉄筋コンクリート造計算規準の改定、1974年の基礎構造計算規準の改定、1975年の鉄骨鉄筋コンクリート造計算規準の改定が行われた。これらの計算規準の改定では、主に大地震で被害要因となった柱のせん断破壊防止に係わる計算規定が見直され、柱フープ量を増大させる等、構造規定が大幅に厳しくなった。
さらに、1981年には建築基準法施行令が改正され、設計用地震力の大きさと高さ方向の分布が見直されると共に、これまでの設計用地震力を上回る大地震に対しては建物の余力で抵抗させるという漠然とした設計思想を一新させ、大地震時の安全性の検討も義務付ける規定が追加された。


表-1 過去の地震と耐震基準の変遷

耐震設計関連法令 学会計算規準 主な地震
1920市街地建築物法 制定      
      1923関東地震(震度6)
1924市街地建築物法 改正
(設計震度 0.1)
     
   1933RC計算規準 作定   
      1948福井地震
(震度6以上と推定される)
1950建築基準法・施行令 制定
(旧基準:設計震度 0.2)
1950S計算規準 作定   
   1952基礎構造設計規準 作定   
   1958SRC規準 作定   
   1964高層建築技術指針 作定 1964新潟地震(震度5)
      1968十勝沖地震(震度6)
   1970S造計算規準 改定   
1971建築基準法・施行令 一部改正
(旧基準:柱の帯筋量 増量)
1971RC計算規準 改定   
   1974基礎構造設計規準 改定   
   1975SRC規準 改定   
   1977高層建築技術指針 改定   
      1978宮城県沖地震(震度5)
1981建築基準法・施行令 改正
(新耐震基準)
     
   1987SRC規準 改定   
   1988基礎構造設計指針   
      1995兵庫県南部地震(震度7)



2.地震被害

既往の大地震では主に鉄筋コンクリート造(RC造)建物の被害が顕著であり、地震直後にこれらの建物の調査が実施され、文献に報告されている。この調査結果に基づき、被災地域におけるRC造建物の平均的な被害率をまとめ、表-2に示す。この結果から地震後に補強等の処置が必要となる大破・中破以上の被害を受けた建物は、阪神大震災を除くと10~15%であったといえる。既往の大地震で被害を受けた建物の大半は一般に、建物の耐震要素の配置バランスの悪さなど、構造計画的な被害要因を合せ持っていることが多い。


表-2 既往の大地震による被害率(RC造建物)

地震名発生年最大震度被害率(%)
大破以上中破小破無被害
関東地震192367.78.616.367.4
新潟地震196453.65.613.077.8
十勝沖地震196865.511.013.270.3
宮城県沖地震197854.06.510.878.7
阪神大震災199572491355


表-3 RC造建物の被害ランク

被害 ランク被害状況スケッチ
被害軽微1柱・耐力壁・二次壁の損傷が軽微かもしくは、ほとんど損傷がないもの 被害状況のスケッチ
小破2柱・耐力壁の損傷は軽微であるが、RC 二次壁・階段室のまわりにせん断ひび割れがみられるもの 被害状況のスケッチ
中破3柱に典型的なせん断ひび割れ、曲げひび割れ、耐力壁にせん断ひび割れが見られRC 二次壁・非構造体に大きな損傷が見られるもの 被害状況のスケッチ
大破4柱のせん断ひび割れ、曲げひび割れによって鉄筋が露出・座屈し、耐力壁に大きなせん断ひび割れが生じて耐力に著しい低下が認められるもの 被害状況のスケッチ
崩壊5柱・耐力壁が大破壊し、建物全体または建物の一部が崩壊に至ったもの 被害状況のスケッチ


表-4 鉄骨造建物の被害ランク

被害 ランク被害状況スケッチ
被害軽微1・構造部材には損傷や変形が認められない。
・内外壁の仕上げ材の隅角部などに、わずかなひび割れが発生する。
被害状況のスケッチ
小破2・一部の高力ボルトの滑りやアンカーボルトの伸びが認められ、柱・梁接合部の一部も降伏する。
・内外壁の仕上げ材の目地がずれ、部分的な剥離が生じる。
被害状況のスケッチ
中破3・一部の筋かいが破断し、柱・梁にも部分的に局部座屈が発生する。
・内外壁の仕上げ材の全面に大きなひび割れや剥離が生じ、部分的なはらみ出しが生じる。
被害状況のスケッチ
大破4・多数の筋かいが破断し、柱・梁の多くの部位に局部座屈や破断が生じる。
・内外壁の仕上げ材が大きく剥離し、脱落する部位もある。
被害状況のスケッチ
崩壊5・柱・梁の破断により建物が大きく変形し、建物の全体または一部が崩壊に至る。 被害状況のスケッチ